まごころサポーターブログ

外壁補修

  • 2017.07.30

こんにちは、まごころサポーターの加瀬です。

今日は外壁の補修作業の現場管理を行いました。

既存の外壁に大きくヒビが入っていてモルタル壁が浮いている状態でしたので
一度壁を剥がして中を確認しました。

 

 

壁を剥がしたところヒビからの水漏れで柱が部分的に傷んでおりましたので
補修を行いました。

柱補修の後に防水紙を張りモルタル下地用の板を張り付けました。
この後左官工事を行い、最後に塗装補修を行います。

モルタル壁が動く部分は下地が傷んでしまっていることが考えられますので
もしお家の中でそういう箇所があったらお早目にご相談いただく事をお勧め
いたします。

それでは、失礼いたします。

モルタル補修

  • 2017.07.29

皆さんこんにちわ!  まごころサポーターの宇佐美です。

今回は、ちょっとしたモルタル補修についてご紹介します。

門周りや勝手口、基礎廻りなどに、モルタル部の剥離?欠損?なんて

見かけた事ありませんが?

これは、表面に施された化粧モルタルが経年により剥離し

剥がれてしまい生じる現象です。

KIMG1443 KIMG1444

見た目はともかく、強度的には低下するものではありませんのでご安心を!

それでも、やはり見た目が・・・

という方は、このように直すこともできますので、弊社サポーターへ

ご連絡ください。

KIMG1448 KIMG1449

 

 

※施工したばかりで濡れてますが、乾けば色違いが薄くなります。

工事写真

  • 2017.07.28

おはようございます。

まごころサポーターの松川です。

ユニットバスを設置する為のコンクリート打ち

キッチンの床下排水の点検

2階トイレの排水管やりかえ

キッチン用の給排水

トイレ設置

ここ最近の工事写真です。

2階トイレの排水は八千代市ですが、それ以外のお客様は全て佐倉市のお客様です。

9月末に本社の移転(佐倉市王子台内)で場所もわかりやすくなり、より地元密着でがんばっていきます!

ポストカバー修繕

  • 2017.07.27

こんにちは、まごころサポーターの板倉です。
今回はポストカバー修繕のご案内です。

KIMG4173

良く見る金属製の箱型ポスト、経年の寿命でカバーのパネルが外れてしまった状態です。
お外に設置される物ですので耐候性も加味して造作していきます。

KIMG4292

完成品がこちら。
カーポートなどでも使われるアクリル系素材を利用してカバーを造作しました。

KIMG4293

錆びないステンレス製の蝶番なので外で利用しても開閉に不具合は起きません。
取っ手の裏にはマグネットをつけているので風でカバーがバタつく事もありません。

このような造作修繕も何でも行なっています。
まずはお問い合わせ下さい!

工事の後も安心をお届け致します

  • 2017.07.24

まごころサポーターの浅見と申します。
弊社では工事の後工事内容により異なりますが、定期的に工事箇所の点検を行っています。
今回掲載の写真は屋根工事の定期点検の様子です。実際に屋根に上がり隅々まで異常が無いか
確認致します。また工事後のご感想などをお聞きしてより良い組織作りに役立てています。
お客様との永いお付き合いをさせていただく為に工事後の管理をしっかりさせていただきます。

KIMG1313

大感謝祭の様子

  • 2017.07.23

今日は大感謝祭です。

準備の様子から大人気の木工教室の作品

○×クイズの様子です。今日も大盛況

 

 

お客様大感謝祭 準備中

  • 2017.07.22

まごころサポーターの大川です。

明日は、お得意様大感謝祭の日です。

当社は工事したあとからが本当のお付き合いだと考えており、

アフターメンテナンスに力を入れております。

その一環として、今までお付き合いの有ったお客様限定で

半年に一度、感謝祭という形でお祭りを開催しております。

工事中のお客様から半年ぶりのお客様までたくさんのお客様と

お会いできる貴重な機会でもあります。

そのため、今日はサポーター一同で準備をしておりました。

明日も暑くなりそうですが、お祭りを盛り上げるため

サポーター一同、頑張ります!

 

 

 

 

 

破風板金巻き

  • 2017.07.14

こんにちは、まごころサポーターの加瀬です。

今日は破風に板金を巻く工事を行ってもらいました。

破風は太陽が良く当たる場所なので経年劣化を起しやすい部分です。
下地の状況によっては塗装を行ってもはがれやすい事があります。
板金を加工して取り付けてあげれば、部分的に剥がれてしまう等の
劣化を防ぐ事ができます。

板金はガルバリウム鋼板という種類を使う事が多いです。
こちらは亜鉛とアルミの合金で錆にくい商材になっているので
トタン板のようにすぐに錆びてしまうという事がないので
長持ちもします。

雨樋が着いていない部分は劣化しやすいので、そういう部分が
多いお家は板金を巻く工事を考えられてはいかがでしょうか。

それでは、失礼いたします。

網戸の張替え

  • 2017.07.12

皆さんこんにちわ! まごころサポーターの宇佐美です。

 

暑い日が続いておりますが、皆様体調を崩したりはしてませんか?

今回は、夏本番を前に網戸の張替えについて紹介しましょう!

みなさまんのお宅では、網戸の張替えはお済みですか?

折角心地よい風を感じていても、網が破れていたりしたら虫が入りたい放題!

ただ今、網戸の張替えのお声掛けを沢山頂き

弊社倉庫にて、まごころサポーター板倉氏と、目下張替中でございます!

KIMG1501

網戸の網は、使用環境により異なりはありますが

通常。3~5年で張替えている方が多いようです。

みなさまのお宅の網戸は如何ですか?

DIYでやられる方も多いかと思いますが、

張り過ぎ・緩み過ぎなど、張り具合によって、その後の持ちも変わりますので

この機会に、お気軽にお問い合わせください。

 

 

工事中写真

  • 2017.07.11

おはようございます。

まごころサポーターの松川です。

 

2枚とも排水管の写真です。

排水管や、給水管は工事が進むと見えなくなってしまう部分です。

見えなくなってしまうのでこうやって写真に収めてその場で見れないお客様には確認してもらい、

安心をお伝えするようにしています。

リフォームは、わからない事や不安な事があるかもしれませんが、

出来るだけ専門用語を使わずに写真や絵を使ってわかりやすくお伝えすることを心がけています。

工事に関することなら何でも聞いてください!

壁クロスの補修

  • 2017.07.08

こんにちは、まごころサポーターの板倉です。

今回は壁クロスの補修を紹介いたします。

KIMG4383

 

過去の大地震の影響で壁の下地が動いてしまい、壁紙(クロス)がめくれ上がっている状態です。
今回の補修方法としては、めくれている部分を更にプラスで剥がしクロス裏に充填糊を入れてローラーで撫でていきました。

KIMG4384

作業後の同じ箇所の壁です。
遠目で見るとほとんどわからない状態にまで復旧出来ました。
めくれ具合などにもよりますが補修するとココまで復旧します。

気になっていたクロスのめくれもこれで解決です。
ちょっとした補修でもまずはお問い合わせ下さい!

お風呂を壊すとこんな感じです。

  • 2017.07.07

まごころサポーター浅見と申します。
普段見る事の無いお風呂の裏側。今回はユニットバスの取り替え工事です。
今お使いのユニットバスを壊すとこんな感じです。様々な配管が見えますね。
給水管・給湯管・排水管・追い焚き管。使用状況によって多少の違いはありますが
配管イメージはお持ち頂けるのではないでしょうか?
新しく設置するユニットバスは各種配管の位置が異なりますので配管工事が
必要となります。お見積などに工事金額が計上されます。
弊社では工事の進捗に合せてお客様にご確認を頂いています。
お客様と共により良い物をお届け致します。

KIMG1275 (1)

屋根工事中。

  • 2017.07.06

まごころサポーターの大川です。

今日は屋根工事中の現場を紹介です。

既存のコロニアルを葺き替えています。

旧ルーフィングの上に新規でルーフィングを張り、

仕上げに新規コロニアル施工です。

普段の生活では見ることが無い屋根の上や、床下等々

正直、素人の方では点検すら大変ですし、危険です。

屋根や床下の点検は、当社にご依頼ください。点検・御見積もりは無料です!

ちなみに昨日潜った床下の写真です。

土間補修

  • 2017.06.27

こんにちは、まごころサポーターの加瀬です。

今日は同じまごころサポーターの宇佐美に土間の化粧モルタルを
補修してもらいました。

 

写真で見える角の部分が劣化箇所です。
化粧は薄塗りなので年数が経つとひび割れから接着不良を
おこし剥がれて来てしまいます。

塗り直してもらった写真ですが、剥がれていなかった箇所も浮きが
見られたので剥がしてそこも補修を行いました。
角の部分だったので木材で型を造りながらの作業になりました。

人が歩く部分は劣化も早く、またモルタルが浮いてくると踏んだ拍子にずれて危ない事が
あるのでヒビが入ったり、叩いて軽い音がしていたら早めの補修をお勧めいたします。

それでは、失礼いたします。

排水管の動脈硬化?

  • 2017.06.26

皆さんこんにちわ! まごころサポーターの宇佐美です。

今回はキッチンの排水管について、少しご紹介したいと思います。

先日、弊社OBの M様より、キッチンの水が流れない!と

連絡が入り、状況を見てまいりました。

シンクに、浸け置き用のごとく、水が張っている状況で

これは、排水管が詰まって流れなくなったものとの事でした。

そこで、シンク下のフレキ管(蛇腹ホース)を外して確認したところ

経年による脂分が固着し、管を塞いでいる状況でした。

そこで、まずはフレキ管(蛇腹ホース)内の詰りを除去しました。

KIMG1415 油分が固まったもの

KIMG1416 かなりの量が詰まっておりました

フレキ管も固くなっており、まるで動脈硬化から心筋梗塞を起こしたようでした。(汗)

※今回はフレキ管洗浄で、スッキリ流れるようになりました!!

 

フレキ管はもとより、宅内の排水管すべてに言えることですが

油分や毛髪等、汚れなどが長い年月をかけて、薄~く膜のように固着し

それが、まるで血栓のように突如詰まってしまい、大事になることがあります。

言うなれば、お家の心筋梗塞や脳梗塞みたいなものです!

このようなことになる前に、定期的な排水管洗浄を心がけましょう。

弊社でも、排水管の高圧洗浄を行っております。

少しでも気になられましたら、お気軽にお問い合わせください。

洗面化粧台工事

  • 2017.06.23

おはようございます。

まごころサポーターの松川です。

 

左)佐倉市S様邸 TOTO Vシリーズ

右)佐倉市I様邸 リクシル L.C

洗面化粧台にもたくさんの種類があります。

家族構成や使い方、好みのデザインを聞かせてもらい、

お客様にぴったりの商品をご提案させていただきます!

 

外装準備です。

  • 2017.06.22

お世話になっております、まごころサポーターの板倉です。
今回は外装工事には付き物の足場組みに先立って足場に関与する箇所の前準備です。

KIMG4243

外壁側には足場の柱が立つため、カーポートの屋根などを事前に外す必要があります。
全て外すときもあれば今回のように部分的に外すなど現場によって様々です。

KIMG4245

外した屋根材はシートに包んで養生してまとめておきます。
復旧の際は戻す前に掃除して綺麗にして復旧するまごころ施工です。

外壁含めて外観が一気に綺麗になります、楽しみですね。
それでは!

 

外装工事の安全管理

  • 2017.06.21

まごころサポーター浅見と申します。
街中で良く見掛ける外装工事。その周囲には飛散防止などの理由からシートが張られています。
でもそのシートが雨や風などの影響により危険となる事が有ります。また風の影響によりシートが
バタつきご近所のご迷惑となる事があります。弊社では外装工事の安全を常に心掛けています。
掲載写真は風の影響を考慮して畳んだ様子です。風の強い日はシートがばたつくだけではなく
足場にも無理な力が掛かり危険な状態となります。
弊社では内外装共に工事に於ける安全管理に努めています。
お客様から『安心して任せられる』のお言葉を常に頂ける様日々精進を怠りません。

KIMG1265

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近の投稿

アーカイブ