まごころサポーターブログ

外装施工事例と、和室リフォーム工事中の様子を紹介します。

  • 2018.09.19

先日、地元佐倉市で工事完了した外壁リフォームの様子をご紹介します。
お庭のお手入れも完了し、更にキレイになりました。

こちらは内装リフォーム工事です。
今回、和室リフォームでご要望の多い、床の間をクローゼットにするという内容です。
まだ工事途中でして、これから扉が付きます。


床柱に枠を付ける仕上げ方が多いのですが、今回は床柱を残して仕上げました。
こういった造作工事が出来るのも腕の良い自社専属の大工、また、社員大工のおかげです。
リフォーム工事でお悩みの方は是非当社迄、ご相談ください。

猫ちゃんの侵入を阻止!?

  • 2018.09.14

皆さんこんにちわ!

まごころサポーター 工事部の宇佐美です。

今回は、弊社OB 八街市在住のI様宅で行った、フェンス工事についてご紹介しましょう。

I 様よりご連絡が入り、相談があるので近くに来た際に自宅によって欲しいとの事でした。

とても困っていそうでしたので、即座に訪問してきました。

ご相談内容は、野良猫ちゃんが I 様宅のお庭に遊びに来て、オシッコをする習慣が

出来てしまったとの事で、猫は好きだが臭いが気になり、咳が止まらなくなった。

とのことでした。

そこで、野良猫ちゃんには可哀そうだが、フェンスを建てて入り難くしたい。

というご要望でした。

これが、フェンス設置前

そして、これがフェンス設置後

これで野良猫ちゃんも入り難くて、別の場所での用足しを考えてくれるかな(笑)

I 様にはとても喜んでいただきました。

 

佐倉市屋根補修工事

  • 2018.09.12

こんにちは。まごころサポーターの加瀬です。

今日は屋根の補修工事についてです。
最近の台風や強風の後で、屋根の棟板金が浮いてますよと声をかけられた方は
いらっしゃらないでしょうか。
棟板金は屋根のてっぺんについている部材です。下地の木に釘で留めてあるものなので
経年で木が弱ると釘が浮いてしまって強風で板金が外れてしまうという事があります。

棟板金を外した写真になりますが、外側の釘を打つ所が弱ってしまっていたので
釘が所々抜けてきている状態でした。

まず、木を新しい物に交換します。

その後に新しい板金を取り付けます。

強風の後は弱っていた所が浮き上がってしまう事があるので、
注意が必要なのでご心配の方はご相談をいただければ
点検させていただきますのでお気軽にお声かけください。

それでは失礼いたします。

アフターメンテナンス点検の様子と、「住宅博2018in佐倉」開催のお知らせ

  • 2018.09.09

本日もアフターメンテナンス点検に伺いましたので、その様子を一部ご紹介します。

外壁塗装リフォーム+屋根はアルマにて、屋根葺き替えリフォームを行いました。
外壁も一部張替、シーリング作業も同時に行っております。

施工後、まだ1年程ですので当たり前ですが、キレイな状況を維持していることを確認できて安心でした。
こういったリフォーム後の実際の様子を見ることが出来るのも、ずっとお客様とお付き合いさせて頂いているからだと思っております。

それと今日は、もうひとつお知らせが御座います。
佐倉市、八千代市、四街道市でリフォームをお考えの方は、
是非、「住宅博2018in佐倉」へお越しください。
9月29日(土)、9月30日(日)に開催致します!!
LIXIL、TOTO、クリナップ、タカラスタンダード、YKK、各種国内一流メーカーの展示や資料が揃っております。
「公式特設ページ」はこちら
公式「住宅博 特設サイト」

外装リフォーム工事後の1年点検

  • 2018.09.08

先日、外壁塗装工事から1年経ったお客様のご自宅へ、塗装工事後1年目のアフターメンテナンス点検に伺いました。
前回の塗装担当は鈴木親方です。

改めて見ると、細部までしっかり塗装されていることがよく分かります。
当社では外壁屋根塗装後、1年点検、2年点検、5年点検を実施しております。


毎月、相当な数の外装リフォーム工事後の点検訪問をしていますので、その全てをご紹介することは出来ませんが、
また機会があれば、当社で最も力を入れている「アフターメンテナンス」について、紹介させて頂きたいと思います。
どんな工事でも、まずは当社へご相談ください。

門燈の交換

  • 2018.09.07

皆さんこんにちわ!

まごころサポーター 工事部の宇佐美です。

今回は弊社顧客様の門燈交換についてご案内します。

佐倉市在住のY様宅に於いて、

『門燈のガラス部分が割れてしまい、雨水が入ってしまうといけないので

交換したい』とのご相談を受けました。

※写真では分かりにくいですが、赤線のところに亀裂

門燈は底面や接続部分等は防水処理をしておりますが、

それ以外は水が入らない前提で作られているため、

何気に配線や器具が露出していることが多いです。

今回の場合、ガラスの亀裂から雨水などの水分の侵入が容易に想定でき

漏電のやショートの懸念がある為、早めの交換が望ましいと判断いたしました。

Y様に商品のご希望形状を伺い、ご選択いただいた上で最短工事を実施!

既存門燈の設置跡が残ってしまいますが、電気トラブルを回避することが出来ました。

中々気づきにくいところですが、お散歩ついでに門周りのチェックなどしてみると良いですよ!

 

 

「DAIKIN」エアコン取付工事

  • 2018.09.07

昨日完了したエアコン工事の様子を紹介します。
今回施工したのは「ダイキン 18畳用エアコン」です。
内部の取付時には、事前にお話しを頂いた通り、カーテンレールを下げさせて頂きました。

今回は、単なる交換作業では無く、エアコン用の電源も新設する工事でした。
分電盤が離れているほど、どうやって、そこから電源を持ってくるかという点で、職人の持つリフォーム工事経験により仕上げ方に差が出ます。
どんなリフォーム工事でも同じことが言えますが、経験量で仕上がりが左右されます。

外部は、ジャバラを上手く使用してキレイに施工完了です。
この先、外壁塗装工事を予定していますので、そのときにはまた
外して塗装し、最後に元へ戻します。

どんなリフォーム工事でも、まずは当社へご相談ください。

宅内ドアのSOS

  • 2018.09.06

まごころサポーターの板倉です。
地震や経年劣化によってドアが開かなくなってしまった!
そんな症状が出る事も多々あると思います。

今回は四街道市のOB様宅でのご相談対応のお話です。

応急処置としては写真のように差し金などを枠と扉の間に入れてみて枠に収まっている金具の引っ掛かりが外れればまずは開かなくなった扉を開ける事が出来ます。

今回はこの扉側の金具が長年の使用により中のバネがダメになっている状況でした。

金属部分も噴き出している箇所があり動きが大変悪く、潤滑油を挿してもなかなか改善されないので交換作業を実施しています。

作業時間は30分もかかりません。
突如ドアが開かなくなってしまう前に早めの相談・確認をオススメ致します。

ドア開閉のご相談も是非グランディアホームにお問い合わせ下さい。

LIXIL キッチンリフォーム リシェル施工事例

  • 2018.09.06

先日書いたリクシルのキッチン「リシェル」の施工後の写真です。


今回は、内装工事は行わず、キッチンの入れ替えリフォームとなりました。
部屋の雰囲気に合った色合いで、バランス良く仕上がったと思いますが、この重厚感溢れるリシェルの存在感が際立っています。
今回も、かっこいいリフォームが出来ました。

LIXILキッチンのリシェル施工中

  • 2018.09.05

今日はLIXILのリシェルの取付施工日でした。
リシェルSIのアイランドタイプです。
当社ショールームのハウジングボックスにも展示が有りますが、
このタイプのキッチンはカウンターがとても大きいです。


大きな段ボールに入って登場です。


当然、中身もそのまま大きいです。
張り紙には2人で納品している絵が出ていますが、今回は私を含め5人でのカウンターの搬入と
据え付けでした。

施工中から、カッコいいキッチンです。
完成後の様子は次回、ご紹介します。

キッチンのリフォーム工事も是非、ご相談ください。

洗面所床の修繕リフォーム工事

  • 2018.09.04

今回は、洗面所床の修繕工事の様子を紹介します。
腐食は限定的で浴室の土台までは達していませんでしたので、部分的な下地改修後、

クッションフロア施工でキレイにリフォーム出来ました。

どんな工事でも、お困りごとはまず当社までご相談ください。

屋根リフォーム スーパーガルテクト カバー工法にて施工

  • 2018.09.03

今回は地元佐倉市での屋根リフォーム工事の様子を紹介します。
既存の屋根は剥がさず、カバー工法での屋根工事の完了写真です。

今回のお宅は、見晴らしの良い高台でした。
施工中の様子は足場から見られましたが、完成後は少し遠く感じてしまいます。

しかし、工事完工後の近隣挨拶を行った際に、裏のお宅の方からご了承頂けたので珍しい角度から写真が撮れました。施工後の様子がよく分かる角度だと思います。

グランディアホーム 屋根リフォーム スーパーガルテクト 施工事例

グランディアホーム 屋根リフォーム スーパーガルテクト 施工事例

グランディアホーム 屋根リフォーム スーパーガルテクト 施工事例

ご近所様のご協力で良い写真が撮れました。感謝です。
屋根工事、雨漏り、各種外装リフォームのご相談は
当社グランディアホーム㈱までお問い合わせください。

外装リフォーム完成写真

  • 2018.09.02

外装リフォーム完成写真を紹介します。
今回は、外壁塗装「日本ペイント ファインSi」
屋根塗装「水谷ペイント ルーフマイルド」という仕様です。

工事前、ベランダ付近のクラックが内部腐食の兆候の可能性があったので、
塗装工事前に、大工工事として一部解体しています。
結果は内部腐食が有ったので、しっかりと補修し、塞いであります。
一部解体をして正解でした。
塗装後は、まったく気にならないレベルで仕上がっております。

玄関ドアは、LIXILのリシェントⅢです。


やはり玄関ドアを変えると雰囲気が変わります。

外壁屋根塗装、大工工事、玄関工事、外部のリフォーム工事のことも。
是非、当社へご相談ください。

トイレリフォーム完了しました。「TOTO 新QR」

  • 2018.09.01

今日はトイレリフォーム工事完了後の様子をお伝え致します。
今回、施工したのは、。「TOTO 新QR」です。
デザインが新しくなり、見た目も使いやすそうに進化しました。
今回は内装工事は無しです。
実は、5年程前に当社でリフォームをした際に、1階のトイレを新しくし、今回リフォームした2階のトイレ部分は1階のトイレ移設+内装工事という形で、内装リフォームは施工済みでした。


『トイレに行くことが楽しみになった。』
そう言って頂けると、リフォームをして本当に良かったと感じます。
今後も変わらぬお付き合いを続けていけるよう、職人と一緒に日々努力をしていきます。

佐倉市にて、外壁塗装リフォーム完成しました。

  • 2018.08.31

外壁塗装工事が完了しましたので、その写真を紹介します。
昨日、御引渡し手続きと今後の内部リフォーム工事の打ち合わせをさせて頂きました。


今回、仕様した塗料は、日本ペイントのファインSiです。
写真が逆光のため、少しわかりにくい部分も有るかもしれません。
写真撮影については、打ち合わせの際に、奥様から9月半ばに植木屋さんが入り、庭のお手入れをするので裏からの写真を撮るならそのときに!と有り難いお言葉を頂きました。
お言葉に甘えて、その頃に改めて写真撮影に行きたいと思います。

青木親方施工で、細部まで丁寧に仕上げられています。
余談ですが、この地域は当社のお客様が非常に多く、青木親方は本工事の前は10件程隣のご近所さんで、同じく外壁屋根塗装リフォーム工事を行わせて頂き、また工事中には御向かいさんも当社で玄関塗装を
させて頂きました。
非常に暑い時期ですが、丁寧な仕事をし続けることで多くのお客様からリフォーム工事のお問い合わせを頂けております。
引き続き、丁寧なリフォーム工事を続けていきますので、ご自宅のお困りごとは、まずは当社へご相談ください。

地元佐倉市にて内装リフォーム工事中

  • 2018.08.30

今日は内装リフォーム工事中の様子を紹介します。
施工担当は佐々木親方です。とても丁寧な親方で、そして施工が早い。
見ていると簡単そうに見えてしまいますが、これが経験と技術があるということだと思います。
あっと言う間に2階の廊下天井クロスが完了しました。
今回はsangetsu(サンゲツ)の壁紙を使用しています。

1階では一面をアクセントクロスで。

こちらは張り分け。

そして、こちらは、出窓のカウンターをダイノックシートにてリフォーム

どれもキレイに仕上がっています。
施工が良いのは勿論ですが、クロスの柄選びに時間を掛けたことも正解だったと感じます。

佐倉市、四街道市、八千代市で内装リフォーム工事をお考えの方は、是非当社までご相談ください。

屋根リフォームの重要部分、ルーフィングとは?

  • 2018.08.29

屋根リフォームをする際に、一番大事なポイントは
表から見える屋根材を施工する前に、その下のルーフィングを
しっかりと張ってあるかどうかです。
当社では、既存の屋根を剥がさずに、その上から金属屋根を施工する
カバー工法を数多く施工してきました。
本ブログでも過去に紹介してきましたが、一般的にはどんな金属屋根を使うか?のみが
テーマでその一層下のルーフィング部分について書いてある他のブログや、そこに対してちゃんと説明して
いるプロが少ないと感じることが有ります。
勿論、当社では目に見えない部分へのこだわりがありますので、外装リフォームのプロにしか分からない本当に大事な部分として、必ずご説明させて頂いております。
下の写真は、丁度、既存の屋根に自粘着タイプ(裏側にノリ付きの物)を施工した後の写真です。


また、ルーフィングにも様々な種類が有ります。
当社はゴムアスルーフィングが主流で有り、リフォームではアスファルトルーフィングは、ほとんど使わなくなりました。
またゴムアスルーフィングも写真のような自粘着のタイプと、そうでは無いタイプに分かれます。
屋根下地を張り替えた場合などは、通常タイプを使うこが多いです。

正直、屋根のリフォーム工事は完了後は見えなくなる部分も多く、施工の良し悪しは
見積だけでは測れないことがあります。
もし屋根工事でお悩みの方、屋根工事をご検討中の方は是非、当社ご相談ください。

造作リフォーム工事 ウッドデッキ&手摺 (無垢のヒノキ材+ウッドロングエコ)

  • 2018.08.27

今回も、以前からお付き合いのあるお客様宅にて、リフォーム工事を行いました。
ご相談は、お庭にウッドデッキをつくりたい。という内容でした。
そのテーマを基に、外観のデザインもそうですが、
お子様が安心して遊び場に出来るスペースということも考えて造作工事を行いました。

材料は、桧。塗料は安全安心なウッドロングエコを採用。
床材は上小節(ほぼ無節)、縦格子の角は落として有ります。(現場にて面取り加工)

施工前

施工中

施工完了

本当に良い物が出来上がりました。