まごころサポーターブログ

扉の開き方向を変更しました。

  • 2020.08.21

工事課の松浦です。

トイレの扉の開き方向を内開きから外開きへ変更する工事を行いました。

以下の写真は外開きへ変更した後のものです。

元々の扉を利用して、丁番金具の位置を変えて施工しています。

よく見ると、下の写真のように、元々の丁番の跡が残っています。

 

扉の開き方向がご不便に感じている、というお声はよく伺います。

扉の種類も様々あり、変えたい開き方向によっても、必要な施工が異なりますので、

まずは一度お気軽にご相談ください。

 

目隠しの袖壁を新設しました

  • 2020.08.20

工事課の立原です。

本日は佐倉市のアパートの一室にてキッチン脇に袖壁を新しく設置致しました。

「来客時に玄関からキッチンの手元が見えてしまうので、なんとかしたい」というご相談を頂き、このような形で提案とさせて頂きました。

袖壁は床に釘を打たず、キッチン内の収納と壁に固定してあるため将来キッチンを交換した際にも転用できます。

具体的に「こうしたい」という内容ではなくこれが困っているというご相談もお待ちしております。

なにか気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

洗面化粧台の水漏れxxx

  • 2020.08.19

皆さんこんにちわ! 工事課の宇佐美です。

今回は、先日対応した洗面化粧台の水漏れ是正について

ご紹介したいと思います。

「洗面化粧台の足元から水が・・・」至急見て欲しい。

とのSOSを受け、現場を伺いました。

洗面化粧台の下枠に大量のタオルが置かれ、床が濡れてしまっていました。

ボール下の収納扉を開けてみたところ、シャワーホース受けのトレイの中には

満タンの水が存在感を出しています!

そこで、漏れ出た水を排水し、庫内を拭き取ったのち漏水箇所の調査に入ります。

(当該化粧台は20数年間使用したものとの事。吐水口がシャワーホースタイプ

となっています。)

今回の症状の場合、大半がホース劣化による切損で漏水が生じていることが多いので

ホースの切れを確認したところ、複数個所の切損が確認でき また、シャワーヘット接合部からも

パッキン劣化に伴う漏水が確認できました。

 

シャワーヘッドから水漏れ (動画)

 

こうなってしまうと、部品交換以外 手の施しようがないので、

お客様に症状を報告の上、使用を中止していただくことご理解いただき

至急メーカーへ連絡!

洗面化粧台本体の使用年数が長かったので、部品供給の有無が大きなカギでした。

翌日メーカーからのコールバックがあり、廃盤製品であり正規部品の供給は終了しているも

代替部品があるとの事でした。

至急代替部品を手配し、交換作業をすることが出来ました。

実質使用できなかった期間が1週間ほど続きご不便をかけてしまいましたが

大きな工事とならず、お客様にも喜んで頂けました。

小さな工事から大きな工事まで、大小かかわらず真摯に対応させていただきますので

お気軽にお問合せ下さい。

 

佐倉市瓦工事

  • 2020.08.18

こんにちはグランディホーム㈱の加瀬です。

今日は瓦の棟交換の現場をご紹介いたします。

既存の瓦はセメント瓦という素材で施工されておりました。
経年劣化で棟の下に入っている止水の為のスポンジが所々弱ってしまっていたのですが、
現在はない商材で、交換部材を用意出来なかったので新しい棟に交換を行いました。

新しい商材は既存のようなセメント素材の物がないので陶器製の物に交換しました。
棟の交換と一緒に屋根の塗装を行いましたので大変綺麗になりました。

普段は見えにくい箇所ですが点検すると弱ってしまっている箇所がありますので
ずっとメンテナンスしてないという方は、一度点検をご検討されてはいかがでしょうか。

失礼いたします。

リフォーム工事後のお手入れについて

  • 2020.08.17

グランディアホーム(株)の大川です。

本日から、夏季休暇明けの通常営業となります為、ブログも再開させていただきます。

弊社ではコロナウィルスへの感染症対策を行いながら、日々、地元佐倉市にてリフォームを行なっております。
お客様へはご不便をお掛けすることも御座いますが、まごころ職人会の親方と協力して、今後もより良い工事をお届けしたいと考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。

今回は、いつもの工事状況という内容ではなく、設備のお手入れ方法について説明をさせていただきます。

基本的な使用説明やお手入れ方法については、お引き渡しの際にご説明させていただいておりますが、今回は弊社SRの展示品を見本に少しだけ、お手入れのポイントを説明します。
※詳しい手順、お掃除方法は、メーカー説明書をご覧ください。

まず、分かりやすい箇所ですとユニットバスの換気扇のフィルター掃除です。
主にツマミや、先端が取り出しやすく表面に出ていることが、ほとんどです。

↓このような部分です。

キッチンの水栓ですと、ストレーナー(フィルター)のお掃除も可能です。
外しかたは機種によりますが、とても小さな部品ですので、清掃の際は紛失にご注意願います。

最近の水栓は先端の裏に書いてあることも多いです。

グリル部分は、こういった所も外れます。

トイレに関しては、商品によって外れる便座部分、カバー部分等が異なりますので、
説明書を確認しながらの清掃をお勧めします。
また、使用する洗剤も商品の材質により異なりますので、ご注意ください。

例えばアラウーノは、柑橘系の洗剤は変色の恐れがありますので、ご使用はお控え願います。

それと、最近のトイレはどれも節水タイプになっておりますので、
トイレットペーパーは国産を使っていただいた方が安心です。
稀に、硬い外国産の場合、詰まりの原因となる可能性が御座います。

以上、簡単ですが今回のご説明は、ここまでとさせていただきます。
当社では、工事後からのお付き合いが、工事前よりも大切だと考えています。
ですので、施工後、お手入れ方法等でご不明な事が有った場合でも、お気軽にご相談いただきたいと思っております。
末長いお付き合いが出来るよう、しっかりとサポートさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。

地元、佐倉市でリフォームお考えの皆様は是非、グランディアホームのショールーム、
ハウジングボックスへお越しください。
お電話、メール等、リモートでもご相談を承っております。

波板張替え工事

  • 2020.08.08

工事課の往古です。

今回は波板の張替えについてのご紹介です。

こちらのお宅では、ベランダの波板の張替えを行いました。

施工前の状態は日差しにより黄色く、雨風にさらさせるせいかコケや泥が付着していました。

張替え後はこのような感じに仕上がります。

この時使用している留め具はステンレス製のものを使用していますが

施工前は樹脂製のものが使われていました。

樹脂製のものだと、劣化するに連れて

折れてしまうことがあります。

昨年の台風で波板による被害も多くありました。

今年は猛暑日が多くなりそうですが

それは台風も多くなる可能性がある

ということでもあります。

災害に備え、これを機に

検討してみてはいかがでしょう。

照明をダウンライトに変更しました。

  • 2020.08.07

工事課の松浦です。

天井の照明をダウンライトに交換する工事を行いました。

以下の写真は照明の交換後、天井と壁のクロスを張り替えたものです。

天井裏の梁や野縁の無いスペースにダウンライト取付用の穴を開けて施工しました。

天井裏の状況により、元々の照明の位置から少しずれる場合もありますので、クロス張替のタイミングは照明を交換する良い機会です。

マンション等天井裏が低い場所用には、ダウンライトの天井埋込に必要な高さが小さい商品もあります。

 

照明交換の際には、光の色の種類や、必要な明るさ、個数、配置等の検討が必要です。

後からでも照明の位置を変更できるライティングダクトレールや

角度を変えることができるスポットライトなどなど、たくさんの種類があります。

 

お悩みの方は是非お気軽にご相談ください。

 

 

トイレの下地施工について

  • 2020.08.06

グランディアホーム㈱ 立原です。

トイレの交換や壁紙の貼り替え工事についてよくご相談を受けますが、

設備等を新しくするほかに下地の追加工事という内容もよく

ご提案させて頂いています。

 

よくある木造のおうちでは土台や柱、梁といった構造躯体の間に

間柱(まばしら)と呼ばれる材料を立て、不燃性の石膏ボードなどで閉じています。

 

なにか物を掛けたい、留めたいというものがあっても壁の内側に

ベニヤなどの板材や貫材が入っていなければ壁だけで荷重を支えることが出来ません。

 

石膏ボード用のアンカーなどの商品がホームセンターに売っていますが、

大抵は人の体重を掛けかられるほどの荷重はカバーしきれないので壁を補強してあげる必要があります。

 

先日トイレ工事にてお邪魔させて頂いたお宅での手摺です。

こちらは既存でついていたので交換せず、一時的に取外し、壁紙だけ貼り替えをさせて頂いています。

 

縦方向には間柱が通っているところもあるので縦向きのI型の手摺は場所によっては取付けられますが、

横方向は元々下地が入っていないと取付はできません。

 

家族構成や暮らしていくライフスタイルの変化を見越して、工事を際には是非下地工事もご検討下さい。

網戸のお掃除 裏技?紹介

  • 2020.08.01

皆様こんにちわ!工事課の宇佐美です。

今回も少しでも皆様のお役に立てればと思い、お掃除の続編ということで

これからの時期になくてはならない”網戸”のお掃除裏技?をご紹介します。

※お掃除裏技?に?がついているのは、意外に知られている方法だからです。

一般的には網戸を外し、ホースで水を撒きながら洗車ブラシでゴシゴシが

主流かもしれません。

お宅によっては、サッシ枠が沈んでしまい外れないなんてこともありますし

マンションなどで水を撒けないなんてロケーション問題もあるかもしれません。

または、パパッと済ませたい。・・・etc

そんな時は今回紹介する方法を試してみて下さい。

 

【用意するもの】

★使わなくなったストッキング(もちろん新品でも可)

〇使わなくなった靴下やハンカチ(布なら何でも可)

以上2点

 

まずはストッキングを太ももあたりで切りましょう!

次につま先部位に布を詰め込み、余った部分をくるくると巻いて団子状にする。

これでお掃除グッツの完成です。

 

それではお掃除開始です。

まずは部屋側から、先ほど作ったストッキング玉で上から下に動かします。

ストッキングの持つ静電気の力でホコリを吸着!

みるみる奇麗になります。

※といっても下に落ちてしまうホコリもあるので、掃除機やフロアシートで取り除けはOK

ただし、網目に入ってしまっているホコリは取れにくいので、ブラシなどを併用して使うことが

望ましいです。

ぜひ試してください。

 

 

八千代市トイレ工事

  • 2020.07.31

グランディアホーム(株)の加瀬です。

今日は八千代市でトイレの交換工事を行いました。

既存のトイレになります。温水洗浄便座は脇についているタイプでした。

新しいトイレはリモコン式で壁付けタイプになりました。(写真はまだ着いていない状態です)
便座の脇がなくなったのですっきりした見た目になりました。
壁紙もアクセント色をお選びいただいて、お部屋全体のイメージが変わりましたね。

トイレは新しいタイプだと節水にも繋がるので、長年ご使用の方は交換を
ご検討されてみてはいかがでしょうか。

それでは失礼いたします。

地元佐倉市にてトイレのリフォーム工事を行いました。

  • 2020.07.28

グランディアホーム(株)の大川です。

弊社ではコロナウィルスへの感染症対策を行いながら、日々、地元佐倉市にてリフォームを行なっております。
お客様へはご不便をお掛けすることも御座いますが、まごころ職人会の親方と
協力して、今後もより良い工事をお届けしたいと考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。

今回は、地元佐倉市で行ったリフォーム工事の紹介です。
タンクレスのアラウーノと、手洗いの新規施工となりました。

内装工事と、照明交換も同時に施工させていただいております。

クロスの張り分けにより、質感が変わり、落ち着きが有りながら奥行きも感じられる、とても綺麗なリフォーム工事となったと感じます。
バランスも良い、かっこいいレストルームになりました。

地元、佐倉市でリフォームお考えの皆様は是非、グランディアホームのショールーム、
ハウジングボックスへお越しください。
お電話、メール等、リモートでもご相談を承っております。

佐倉市内浴室リフォーム工事

  • 2020.07.27

工事課 往古です。

佐倉市内で在来の浴室リフォーム工事が始まりました。

タイル貼りの浴室から、ユニットバスへの交換工事となります。

本日1日目は解体を行っていました。

ハツリ機というものを使ってこのように

壁、床、天井とすべて剥がしていきます。

こちらのお宅のように、タイル貼りの浴室から、

ユニットバスへのリフォームも行っております。

お気軽にご連絡、ご相談ください。

 

洗濯機の上に可動棚を取り付けました。

  • 2020.07.25

工事課の松浦です。

本日は可動棚について紹介します。

チャンネルサポート/棚柱という部材を使用しますが、ガチャっとはめ込んで使用する為、通称ガチャレールとも呼ばれています。

可動棚は、収納する物の高さに合わせながら、棚の高さを自由に変更することができます。 後から棚の数を増やしたり、減らしたりすることも簡易的に行えます。

棚受け4つで支えるタイプ

棚受け2つで支えるタイプ

※既存の壁下地が石こうボードの場合は、ベニヤ板等に張り替えて補強する必要があるので、クロス張替のタイミングが綺麗に仕上がります。

※棚の幅・奥行寸法や耐荷重について検討が必要です。

 

今回は可動棚について紹介しましたが、本や漫画等、収納するものが決まっている場合は固定の造作棚もお勧めです。

地元の職人が皆様のアイデアを形にするお手伝いを致します。

お気軽にご相談ください。

フローリング貼り替え工事のご紹介です。

  • 2020.07.24

工事課 立原です。

本日佐倉市内の現場にてフローリングの貼り替え工事が開始されました。

大工さんにて古いフローリングを解体し、今日明日の二日間で新しいものを貼っていきます。

解体中の写真がこちらです。

今回は木造の在来工法のお宅の工事です。

奥から手前に向かって等間隔に並んでいる木材は根太(ねだ)と呼ばれる部材で、床を止めるビスや釘などを受ける下地です。

フローリングには直貼り(じかばり)と捨て貼り(すてばり)と大きく分けると二種類の施工方法があり今回は直貼りを行います。

直貼りとはこの根太と直行方向にフローリングを載せて細い釘のようなものとボンドで留めていく方法です。

それに対して捨て貼りは根太の上に同じく直行方向にベニヤ板などの下地を貼り、その上からフローリングを留めます。

古いフローリングが残らないよう丁寧に解体をし、写真の奥手から手前へ順々にフローリングを留めていく作業中です。

毎日踏む部分はその分劣化も大きくなりがちです。

音がする、端々に浮きが出てきたなど何か気になる箇所がありましたらお気軽にお問い合わせください。

ゴムパッキンのカビ取り

  • 2020.07.23

工事課の宇佐美です!

このジト~っとした梅雨時は 特に気になってしまうというか、

たくさん目に入ってくる“カビ”

今回はゴムパッキンについたカビ取りについて、少し紹介しましょう。

カビ取りで重要なのはカビ落とし剤選びですが、カビ菌を殺すのに適して

いるのはやはり酸性のものでしょう。

しかも、できるだけ濃度の高いものを選びたいのですが、そこで注意しなけ

ればいけないのが2次損害です。

ゴムパッキンなどの近くには、必ずと言っていいほど木材やアルミ材などが

寄り添っています。

木やアルミは酸性薬剤が大の苦手!

なので、スプレータイプのものを塗布すると、対象物以外についてしまい

変色や薬剤焼けしてしまうことあります。

そこで私がお勧めするのは、ジェルタイプのカビ取り剤。(重要ポイント)

これを使用することで、飛散した薬剤2次損害はかなり軽減できます。

・・・でも、ここで安心してはいけません。

それでもついてしまうことがあるので、二つ目の重要ポイントは養生です。

養生なしで作業してもよいとは思いますが、作業中に”あっ!”は

付き物です。

しっかり養生をするに越したことはない!!

面倒くさがらず丁寧に行いましょう。

それでは、少しわかりづらいですが写真をもとに説明していきますね。

これはサッシのガラス押えで使われているゴムパッキンの黒カビです。

こいつお落とすのですが、まずは養生をします。

養生テープをゴムパッキンに沿わせて貼っていきます。

養生をしたら、カビ取り剤を塗っていくのですが・・・

窓枠(木製)とアルミサッシにつくと困るので、綿棒を使って

塗っていきます。(小皿に薬剤を出して塗っていくとやり易いです)

塗り終わったら、ラップをかけて1時間ほど放置します。

(ラップをすることで薬剤の乾燥を防ぎ、臭いもすこーし軽減できます)

1時間後落ちて無いようなら、もう30分・・・

以後、30分おきに確認しましょう。

キレイに落ちました。

落ちた後は、濡れ布巾でしっかりと拭き取ってください!

薬剤が残っていると、薬品焼けを起してしまうことがありますので

注意が必要です。

 

ぜひ試してみて下さいv

佐倉市波板交換工事

  • 2020.07.21

グランディアホーム(株)の加瀬です。

今日はカーポートの波板を交換した写真を載せます。

波板はフックで留まっているのですが、最近風の多い日も増えているので
フックがプラスチック製品だと劣化して外れてしまう事もあるので
今回はステンレス製のフックで施工しました。

波板自体も塩ビ製からポリカ製へと耐久性の良いものへ変えました。

 

屋根リフォーム工事の様子をご紹介します。

  • 2020.07.20

グランディアホーム(株)の大川です。

弊社ではコロナウィルスへの感染症対策を行いながら、日々、地元佐倉市にてリフォームを行なっております。
お客様へはご不便をお掛けすることも御座いますが、まごころ職人会の親方と協力して、今後もより良い工事をお届けしたいと考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。

今回は、屋根改修工事の様子を紹介します。

前回、スーパーガルテクトを施工後のお宅は紹介しましたが、今回はU瓦を剥がして、その下のスレート屋根も剥がして、そこからルーフィング新規施工後、金属屋根のスーパーガルテクトを施工するという内容の、工事途中の紹介です。

かなりホコリの出る作業ですが、丁寧に掃除して次のルーフィング張り施工へと続きます。

※黒いシートが既存のルーフィングとなります。

工事はまだ序盤です。
最近は雨が多く困ったものですが、お客様に不安な想いをさせないよう、精一杯、現場の段取り、管理を行なっていきます。
まだまだ工事は残っておりますので、引き続き、しっかりと進めてさせていただきます。

地元、佐倉市でリフォームお考えの皆様は是非、グランディアホームのショールーム、
ハウジングボックスへお越しください。
お電話、メール等、リモートでもご相談を承っております。

地元佐倉市にて外装工事中のN様邸の紹介です。

  • 2020.07.19

グランディアホーム(株)の大川です。

弊社ではコロナウィルスへの感染症対策を行いながら、日々、地元佐倉市にてリフォームを行なっております。
お客様へはご不便をお掛けすることも御座いますが、まごころ職人会の親方と
協力して、今後もより良い工事をお届けしたいと考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。

今回は、地元で行っている外装改修工事の様子を紹介します。

外壁塗装は日本ペイントのファインSiを塗装し、雨樋は軒樋の交換、
屋根は瓦を剥がして、IG工業のスーパーガルテクトを施工致しました。
施工のポイントとしては破風板金と木製戸袋に金属サイディングを施工したところです。
割りと痛みやすい木部を板金でカバーすることで、長持ちし、また耐久性も質感もアップする仕上がりとなります。

まだ工事は残っておりますので、引き続き、しっかりと管理、段取りを進めてさせていただきます。

地元、佐倉市でリフォームお考えの皆様は是非、グランディアホームのショールーム、
ハウジングボックスへお越しください。
お電話、メール等、リモートでもご相談を承っております。