まごころサポーターブログ

傷補修

  • 2015.04.01

こんにちは。加瀬です。

今日は床の傷補修の写真を載せます。
DSC_0229.JPG
傷部分にパテ材を補填します。
DSC_0228.JPG
補填後余分な部分を削って、模様を着けてぼかします。
DSC_0231.JPG
傷を埋めることによって表面のざらざらもなくなりますので
足を怪我しないためにも、補修をしてあげると良いかもしれません。
それでは、失礼いたします。

クラック補修

  • 2015.03.24

こんにちは。加瀬です。

今日は外壁のひび割れ補修の写真を載せます。
DSC_0193[1].JPG
サッシの周りは力がかかりやすいのと、サッシの枠が
壁に埋まっている部分が段差になっているので
比較的ヒビが入りやすいか所になります。
今回はシーリング補修を行いました。
DSC_0194[1].JPG
なるべく近い色のシーリングで施工をしたので
余り目立たなくすることが出来ました。
ただ、角などではなく広い面に行うと
艶や模様の関係で目立ってしまうので
補修方法も考えながらになります。
それでは、失礼いたします。

波板交換

  • 2015.03.15

こんにちは。加瀬です。

今日は波板を張替えた写真を載せます。
DSC_0015[1].JPG
波板を新規で張る際には留め具をプラスチックや鉄製で施工すると
劣化してしまうので、なるべくステンレス製の留め具で施工します。
波板自体が丈夫でも留め具が駄目になっているケースは結構あります。
外廻りの工事を行う際は次いでに波板を新しくする事を
検討してみてはいかがでしょうか。
それでは、失礼いたします。

雨戸清掃

  • 2015.03.07

お世話になっております、まごころサポーターの板倉です。

本日は外装工事に伴い、雨戸の宅内側の掃除を行っています。
DSCF6370.JPG
写真は弊社の軽作業・廃材回収担当の小出さんです。
年数が経つと雨戸の内側も随分埃を被ってしまいます。
DSCF6371.JPG
地道に拭き掃除を行って・・・
DSCF6372.JPG
積もった埃がすっきりなくなりました。
喜んでいただけましたら嬉しい限りです。

雨樋交換

  • 2015.03.04

こんにちは。加瀬です。

今日はテラスの雨樋を交換した写真を載せます。
テラスにも小さい樋(雨水を流す所)が付いていますが、
そちらが傷んでいたので交換を行いました。
交換前です。
DSC_0008[1].JPG
交換後です。
DSC_0009[1].JPG
施工前は曲げる部分にジャバラホースを使っていましたが
エルボ部材が使えたのでそちらで対応しました。
ジャバラは自由が利きますが、傷んでくるとパリパリになってしまうので
今回は使用しませんでした。
テラスの雨樋は傷んでいる事が多いので
気にしてみると良いでしょう。
それでは、失礼いたします。

キッチン交換

  • 2015.03.01

こんばんは。


まごころサポーターの松川です。

過去にキッチン交換の現場管理をしたお客様のキッチンをご紹介します。

IMG_7446.JPG

IMG_7551.JPGIMG_7576.JPGIMG_7734.JPGIMG_7767.JPGキッチンのお悩み解決します。

ご連絡お待ちしてます。

浴室設備

  • 2015.02.28

こんにちは、まごころサポーターの板倉です。

今日は浴室の水栓と換気扇交換を実施しました。
換気扇は既存の音がうるさく、水栓は繋ぎ目からお水漏れが起きていました。
DSCF6293.JPG
DSCF6297.JPG
交換後の換気扇の静かさにビックリしてご満足していただけました。
設備機器の交換はお気軽にお問い合わせください。
DSCF6358.JPG
DSCF6356.JPG

屋根棟工事

  • 2015.02.27

こんにちは。加瀬です。

今日は瓦屋根の棟工事をしている写真です。
DSC_1550.JPG
丸瓦の積直し工事で中の木材を取り替えて、漆喰の補修も行っていきます。
木材が劣化してくると棟を固定している釘が抜けてしまいますので
定期的に点検しておくと安心です。
漆喰は南蛮漆喰という種類の材料を使っています。
今回使ったのは中にシリコンが入っていて耐水性に優れているものに
なります。
普段見えない場所ですが大事な場所なので、気にしてみると良いでしょう。
それでは失礼いたします。

ベランダ笠木工事

  • 2015.02.18

こんにちは。加瀬です。

今日はベランダのアルミ笠木取付けの写真を載せます。
アルミの笠木は下地に金具を取付けて、そこに笠木をはめ込みます。
DSC_1559.JPG
DSC_1561.JPG
笠木をはめ込む際にパチンという音がする位しっかり
はまりますので、金具から抜けるという事はありません。
金具を固定するビスも笠木に隠れていますので、劣化しにくいのが
特徴です。
壁際のシーリングを行って完了になります。
現状のベランダの造りによって、アルミの笠木は付けられない場合も
ありますので、よく相談してから取付を考えられると良いでしょう。
それでは、失礼します。

排水トラブル

  • 2015.02.17

おはようございます。

まごころサポーターの松川です。
先日、トイレの流れが悪いと問い合わせがあり訪問して来ました。
原因は、家の外にある排水枡のつまりでした。
排水枡.JPG
排水枡が詰まる原因もいくつかあります。
枡周辺の木の根が枡内に入り込み詰まる、排水管の勾配が悪く流れが緩い等あります。
今回は宅外でのトラブルでしたが、宅内側に原因がある事もあります。
少しでもおかしいと感じたらご連絡下さい。

アクリル板の掃除

  • 2015.02.11

こんにちは。加瀬です。

今日はカーポートやテラスに着いているアクリルの掃除と取着けを行いました。
外部の仮説足場を建てる為に、アクリルの屋根材を外してあります。
DSC_1539.JPG
屋根材になるので、汚れや苔などが年数が経つと着いてしまいます。
アクリル材を戻す前に掃除をしました。
DSC_1540.JPGのサムネール画像
アクリル板は割れやすいので、状態によっては掃除出来ない場合もあるのですが
今回綺麗に掃除を行いました。
普段、中々洗えない部分の掃除なども行ったりしています。
それでは、失礼いたします。

トイレ水漏れ対応工事

  • 2015.02.10

こんばんは。

まごころサポーターの松川です。
先日、トイレで水漏れがあると連絡を頂き、
原因であるウォシュレットの交換をしてきました。
対応していたのはサポーターの加瀬ですが、同行していたので写真を載せます。
ウォシュレット前.JPGのサムネール画像
ウォシュレット後.JPGのサムネール画像
トイレの水漏れの原因は様々あります。
困り事はお気軽に連絡下さい。

メーカーメンテナンス

  • 2015.02.06

まごころサポーターの板倉です。

本日はメーカーのキッチンパネル張替の立会いがありました。
DSCF6228.JPG
DSCF6227.JPG
徹底した養生を行っていました。
勉強になります。
DSCF6255.JPG
DSCF6256.JPG
ボコボコになってしまったパネルがきれいに一新されました。
施主様にも大満足いただけました。

雨樋補修

  • 2015.02.04

こんにちは。加瀬です。

今日は雨樋補修の写真を載せます。
補修前です。
DSC_1457[1].JPG
たて樋が繋ぎの部分から折れてしまっている状態です。
また、よこ樋も破損していたので交換を行いました。
DSC_1458[1].JPG
補修後の写真です。
屋根の上の作業は、雨や夜露で濡れていると危険なので
作業は出来ませんが、晴れていて手が届く所であれば
足場が無くても作業できます。
このような部分補修も私達は行っています。
それでは、失礼いたします。

サポーターサービス

  • 2015.02.02

こんばんは。

まごころサポーターの松川です。
先日、工事中のお客様から、
駐車場の入口のタイルが剥がれて危ないと相談があり、
同じサポーターの加瀬が補修材を持っていたので、
快くその場で直して上げていました☆
加瀬.JPG
困り事があればまずは相談して下さい!

カーペットの撤去

  • 2015.01.28

こんにちは。加瀬です。

今日はカーペットの撤去の写真を載せます。
撤去した理由はカーペットの張替え前に、床と壁の際の
木材を塗装するので、塗りやすくするためです。
カーペットの端に切れ込みを入れた写真です。
DSC_1425[1].JPG
カーペットを外した写真です。
DSC_1429[1].JPG
カーペットを外すと壁際にグリッパーというものがついています。
カーペットはグリッパーに引掛けて敷いてあります。
DSC_1427[1].JPG
グリッパーを撤去して掃除を行いました。
普段あまり見れない場所なので、珍しいかなと思い載せてみました。
また、普段見れないような工事を行った時には
載せていきたいと思います。
それでは、失礼いたします。

木の灰汁洗い

  • 2015.01.26

こんばんは。

まごころサポーターの松川です。
今日は木の灰汁洗いをしました。
ビフォー
腰前.JPG
アフター
腰後.JPG
ビフォー

掃出し前.JPG

アフター
掃出し後.JPG
綺麗になるまで2回、3回と作業します。
ご依頼待ってます☆

おトイレのメンテナンス

  • 2015.01.25

まごころサポーターの板倉です。

以前設置させていただいたお客様のおトイレの手洗いの水がたまに止まらなくなるということで、メンテナンスにお伺いしました。
ここで最近のタンクの内部をご紹介いたします。
DSCF6136.JPG
ぱっと見てみると何か複雑な感じがしますね。
でもカラクリ自体を把握してしまうと単純に出来ています。
手洗いのお水が止まらなくなってしまった場合、
DSCF6138.JPG
タンク内部の左側のこの部分が原因の事が多いです。
「フロート」という浮き玉の役割を果たしていてこの黒いものが浮かび上がってくる事でお水の出る・止まるを調整しています。
今回のメンテナンスで動きを確認して見たところ、ちょっと引っかかる感じがあったので調整をさせていただきました。
設備機器でちょっとした不具合や気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。