まごころサポーターブログ

佐倉市瓦工事

  • 2019.03.14

こんにちは、まごころサポーターの加瀬です。

今日は瓦の棟補修工事についてです。

今回は飾り棟という瓦を補修しました。既存の瓦は年数により
隙間から植物が生えてしまっておりました。植物が生えるという事は
中の土が水分を持ってしまっている事が考えられます。

実際に補修の為に棟を解体した写真になりますが、やはり土が
湿っている状態でした。

まず綺麗に土を取り除く作業を行います。

新しく棟を積み始めている所になりますが、中に土ではなく
漆喰を詰めることにより、表面だけではなく中まで水が入り難い
状態にします。

完了後の写真になります。
棟の中の土が水分を持ってしまっていると屋根には決していい状態では
ありませんので、植物が生えているような状態が見られたら棟の補修工事を行う事を
お勧めいたします。

それでは失礼いたします。

加瀬瑞希

加瀬瑞希

まごころサポーターの加瀬です。雨樋補修や塗装の補修等外装の工事を多く行っています。まごころサポーター陣の中で一番若いので、高所の作業や点検などはお任せ下さい!ただいま電気工事を勉強中です。宜しくお願いいたします。 ■得意分野:外装・外構